スマートフォン用の表示で見る

永井良和

スポーツ

永井良和

ながいよしかず

サッカー選手、サッカー指導者。愛称「ミスター古河」。

1952年4月16日生まれ。埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。

浦和南高校時代のプレー振りは、アニメ赤き血のイレブン」の主人公・玉井のモデルになった。

卒業後、古河電気工業(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)に入社。当時の監督は川淵三郎木之本興三は同期。

日本サッカーリーグ最多の通算272試合に出場し、1976年にはMVPを獲得、1977年天皇杯、1985-1986リーグ優勝にも貢献した。

サッカー日本代表として国際Aマッチ69試合に出場、9得点。

1988年、現役引退。指導者に転身した。

息子の永井俊太も元サッカー選手。

指導歴

1988-1991
古河電気工業サッカー部コーチ
1988-1989
日本ユース代表コーチ
1989-1991
日本ユース代表監督
1992-1993
ジェフユナイテッド市原監督
1996
福島FC監督
1999-2000
アルビレックス新潟監督
2001
横浜FC監督
2005-2006
浦和レッドダイヤモンズ・レディース監督
2008-
永井良和サッカースクールスクールマスター
2009-
アブレイズ千葉SC総監督

リスト::サッカー選手