スマートフォン用の表示で見る

永嘉の乱

社会

永嘉の乱

えいかのらん

永嘉の乱(えいかのらん)

中国西晋の末永嘉年間(307年〜312年)に起こった匈奴による乱。後漢末以来匈奴の華北移住が行われていたが,八王の乱に乗じて304年劉淵が自立し,その子劉聡311年に西晋の都洛陽を攻略,その部下石勒も河南,山東で晋軍を破り,316年西晋の愍帝は劉曜に降伏して西晋が滅び,翌年江南東晋が建国することになった。