スマートフォン用の表示で見る

永山則夫

読書

永山則夫

ながやまのりお

1949年6月27日生まれ。北海道出身

19才の時に“広域重要指定一〇八号連続射殺魔事件”の犯人として逮捕され、獄中で学問に目覚める。

獄中で詩集『無知ノ涙』(合同出版/1971)を出版し、ベストセラーになる。印税は被害者の遺族に送られた。

出版した本は

人民を忘れたカナリヤ』(辺境社/1971)

『愛かー無か』(合同出版/1973)

『動揺記1』(辺境社/1973)

『反ー寺山修司論』(JCA出版/1977)

...など多数。

犯行時の精神的成熟度は『限りなく18歳未満に近い』という異例の境遇で裁判が進められることになる。

控訴審(東京高裁)では、一時的に無期懲役との判決が言い渡されるが、その後は上告(最高裁):差戻し→差戻控訴(東京高裁):死刑→第2次上告(最高裁):死刑を辿る。

死刑永山則夫1997年8月1日午前、東京拘置所内にて処刑された。48才だった。


リスト::殺人犯