スマートフォン用の表示で見る

永川勝浩

スポーツ

永川勝浩

ながかわかつひろ

プロ野球選手。

2000年代前半〜現在までの選手。

守備位置は投手。189cm/93kg。右投げ右打ち。150kmを超えるストレートと良く落ちるフォークボールが武器。


広島県新庄高校・亜細亜大学を経て、2002年に広島東洋カープへ自由獲得枠で入団。

永久預かり番号であった北別府学背番号20を受け継ぐ。

2003年、プロ入り1年目ながら抑えに定着し、球団史上新人としては最多となる25セーブをあげる活躍を見せる。

2004年、開幕からのスランプを脱する事ができず、防御率7.99と大きく成績を落としてしまう。

しかし、2005年以降はある程度の安定を見せるようになり、広島東洋カープ守護神の座についている。

特に、二段モーション規制により投球フォームを改造した2006年の成績は秀逸で、

セ・リーグ最多登板数を記録すると共に、岩瀬仁紀藤川球児といった球界を代表する抑えに迫らんとする成績を収めた。


まだ若く、これからの伸びしろも期待できる選手である。

弟は永川光浩

リスト::野球選手