永田助太郎

読書

永田助太郎

ながたすけたろう

1908-1947 詩人スペイン語学者の永田寛定?は叔父。舞踏評論家永田龍雄?は従兄弟。

東京神田生まれ。麻布中学中退。1933年詩集『温室』を刊行、近藤東?を知る。以後、作品を「詩法」「20世紀」に発表。1937年、「新領土」創刊とともに編集スタッフとして参加。詩は奔放自在で、独自の前衛的世界を拓いた。

『新領土詩集』(1941)などの共編、翻訳民話集『タイタイ昔話』(1943)、遺稿童話集『月姫と月王子』(1948)の仕事がある。

その詩は『永田助太郎詩集』(1979)にまとめられている。