スマートフォン用の表示で見る

液体空気

サイエンス

液体空気

えきたいくうき

空気を低温にして液体化したもの。法規上では液化空気と呼ぶ。

1895年、リンデが空気を加圧して噴出膨張させることによって,空気自身の温度が降下するジュール=トムソン効果を用いて空気の液化に成功。その後、クロードによって工業的に多量生産が可能になった。