円空仏

アート

円空仏

えんくうぶつ

日本の江戸時代前期の修験僧で仏師円空が作ったとされる木彫りの仏像の総称。一説には生涯に約12万体の仏像を彫ったと推測されている。そのうち、約5,000体が発見されている。