スマートフォン用の表示で見る

円城塔

読書

円城塔

えんじょうとう

小説家、作家。 1972年9月15日生まれ、北海道札幌市出身。

SF純文学にまたがって活躍。2012年に第146回芥川賞を受賞した。

略歴

Self-Reference ENGINE』が第7回小松左京賞(2006年)の最終選考に残るが受賞ならず*1

2007年4月、短編『オブ・ザ・ベースボール』で第104回文學界新人賞を受賞。

ペンネームは金子邦彦『カオスの紡ぐ夢の中で (小学館文庫)』収録の短編「小説・進物史観―進化する物語群の歴史を観て」に登場する自動物語システムが名乗る筆名のひとつに由来する。

Twitter上で140字小説を発表

2012年、『道化師の蝶』で第146回芥川賞を受賞

2012年、故・伊藤計劃の遺稿『屍者の帝国』を引き継ぎ完成させ、刊行。

著作リスト

書籍

短編

連載

  • ホワイトスペースYOMBAN連載 http://www.yomban.jp/works/whitespace/ (イラスト:iqu.)
  • 「書籍化まで七光年本の雑誌連載
  • 「後藤さんのこと」エクス・ポ連載
    • 「 1 後藤さん一般の性質について」創刊号
    • 「 2 後藤さんと帽子の性質について」第2号
    • 「 3 後藤さんの皮の性質について」第3号
    • 「 4 後藤さんの分割の性質について」第4号
    • 「 5 後藤さんとお別れの性質について(前編)」第5号
    • 「 6 後藤さんとお別れの性質について(後編)」第一期最終号

エッセイ

レビュー


受賞歴

*1:最終選考には伊藤計劃虐殺器官』と巴耳可里『キャスティングトラップ』の合わせて3作が残ったが同回は該当作なし