スマートフォン用の表示で見る

円谷英二

映画

円谷英二

つぶらやえいじ

映画界黄金期を支え続けた、日本を代表する特撮マン。通称「日本特撮の神」。本名は英一。

1901年、福島県須賀川市生まれ。幼い頃からパイロットに憧れ、航空学校入学のため上京。日本初の空中撮影を成功させるが、後に学校自体が閉校してしまい夢を断たれる。その後神田電気学校を経て、撮影技師として映画界入り。1933年『キング・コング』に衝撃を受け、特撮を志すようになる。

 所属を東宝に移し“特殊技術課”を立ち上げた円谷は、1942年に開戦1周年記念映画「ハワイマレー沖海戦」の特撮で一躍名を上げる。終戦後公職追放のあおりを受け大映松竹への技術提供をしていたが、再び東宝に復帰、1954年、プロデューサー:田中友幸、監督:本多猪四郎と共に作り上げた水爆大怪獣映画『ゴジラ』が大ヒットを記録。この成功により「特技監督」として一本立ちすることとなった。

 その後も東宝製作の怪獣、SF、怪奇、戦記映画等の幾多の作品においてその卓越した技術を披露。また1963年には「円谷プロダクション」を設立し、TV部門における映像技術の進化を図り、1966年には『ウルトラQ』『ウルトラマン』が大人気番組となり、“怪獣ブーム”の基礎を作り上げた。

 1970年、自宅にて狭心症により死去。享年68歳。