演歌師

音楽

演歌師

えんかし

日本の明治後期から昭和初期頃まで、盛り場や街頭でバイオリンアコーディオンなどを弾きながら流行歌を歌い、その歌詞の本を売った楽士のこと。