演芸ブーム

アート

演芸ブーム

えんげいぶーむ

60年代に起こったお笑いブーム

大正テレビ寄席」「お笑いタッグマッチ」など演芸番組が数多く放送され、テレビにおけるお笑いの地位を確立した。現在も放送中の「笑点」もこのブームの真っ只中に放送開始された。


「昭和の爆笑王」林家三平落語四天王上方落語四天王などの落語家Wけんじ獅子てんや・瀬戸わんや、コロムビアトップ・ライト?Wヤング若井はんじ・けんじ正司敏江・玲児夢路いとし・喜味こいしなどの漫才師が人気を博した。

また、コミックバンドとして活動していたザ・ドリフターズがコントグループとして不動の地位を得た。