炎舞

アート

炎舞

えんぶ

日本画家速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)の、1925(大正14年)の作品。紅蓮の炎に引き付けられ、集る蛾たちの姿を描いた一見具象的な絵。