たばこ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

動植物

煙草

たばこ

:植物

植物としてのタバコ。ここでは下記の(1)。

:嗜好品

嗜好品としてのたばこ。ここでは下記の(2)。

辞書的説明

  1. ナス科多年草。温帯では一年草南アメリカ原産で、日本には慶長年間(1596-1615)に移入された。現在、世界の熱帯・温帯で広く栽培する。全体に軟毛があり、高さ2メートル内外。葉は互生し大形の卵形で、先がとがる。夏、茎頂に淡紅色または黄色の花を総状につけ、卵形の果を結ぶ。葉はニコチンを含み、乾燥させて喫煙用に加工し、また煎汁は殺虫剤とする。
  2. (「煙草」「莨」とも書く)喫煙に供するため、(1)の葉を乾かし発酵させて作った嗜好品紀元前から中央アメリカで用いられ、コロンブス一行によりヨーロッパに伝えられた。日本へは近世初頭に南蛮船によってもたらされた。紙巻タバコ・刻みタバコ嗅ぎタバコ・噛みタバコ・葉巻などの種類がある。
[タバコ

煙草の賞味期限

煙草は一定の期間が経つと、味や香りが損なわれることから賞味期限が定められている。

日本ではJTが定める賞味期限期間として、製造月を含めて約10カ月としている。

たばこの販売本数

2012年7月のたばこの販売本数は171億本/月。販売金額は3540億円/月だった。(日本たばこ協会発表)