遠藤正樹

ゲーム

遠藤正樹

えんどうまさき

将棋のアマチュア強豪。1966年静岡県静岡市出身。東海大学卒。

中学生時代に、アマチュア強豪の美馬和夫?氏の、穴熊戦法に魅了されて、穴熊戦法に興味を持つ。

高校時代は野球部に参加するが、野球部引退後、再度、将棋に熱中。特に、故・小池重明将棋に傾倒して研究を重ねる。

2006年全国支部名人戦?3回目の優勝によりアマ七段。ほかにもグランドチャンピオン戦?や平成最強戦?など、数々の全国大会で優勝を重ねてきたトップアマ強豪。穴熊を得意戦法とし、「アナグマン」の異名を持つ。

現在富士フィルムグラフィックシステムズ株式会社にて会社員を務める。

その将棋に対する真摯な態度で、アマチュア強豪のみならず、一部のプロ棋士からも一目おかれる人物である。