スマートフォン用の表示で見る

塩名田宿

地理

塩名田宿

しおなだしゅく

中山道六十九次?のうち江戸から数えて二十三番目の宿場

現在の長野県佐久市塩名田。暴れ川であった千曲川の東岸にあり、旅籠が10軒以下の小さな宿場にも拘らず、本陣脇本陣が合わせて3軒あった。橋も掛けられたが洪水の度に流失し、船や徒歩で渡るのが専らであった。