スマートフォン用の表示で見る

汚名挽回

一般

汚名挽回

おめいばんかい

汚名」を「挽回」するという意の四字熟語。『汚名返上』と『名誉挽回』を混同した日本語の誤用とされ、正しい日本語は「汚名返上」や「汚名を雪ぐ」などが推奨されている。同じような論理で「汚名回復」も誤用とされる。文化庁NHKなどは日本語の誤用とする判断だが、飯間浩明などはこれに反対しており、「三省堂国語辞典 第7版」では誤用ではない旨が記述されている。

「挽回」の意味

挽回”は「前進的に挽き戻す」という語義で、「前進的に推し戻す」意味の“推回”と同じ方向性をもつ。“挽く”は、“推す”と同じように前進することでであり、「ただ元に戻す」という意味ではない。「回(方向補語)」を伴う動詞において、奪回取回収回などが「取り戻す」意味を持つが、“挽回”は「前進的に取り戻す」ので、「不利な情況から有利な情況に戻していく」という積極的な意味合いが加わる。よって、“挽回ぶり”を示す要素?目的語となる場合が多い。

用例

誤用でないとする説

  • 「挽回」は「元に戻す」という意味があるので、「汚名挽回」は「汚名の状態を元に戻す」と考えられ、誤用ではない。

これに対する反論