奥羽本線 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

奥羽線

おううせん

奥羽本線JR東日本幹線福島青森484.5km。

路線としては1つだが、実質的には4つに分かれている。

福島〜新庄148.6km

東北新幹線直通の「山形新幹線」(つばさ)が走る区間。「山形新幹線」は1992年7月に山形まで、1999年12月に新庄まで開業した。新幹線列車を走らせるために、1435mmの標準軌に改軌されている。

福島山形県境の板谷峠には4つのスイッチバック駅(赤岩板谷・峠・大沢)があったが、山形新幹線開業の際に普通列車も高性能の電車に置き換えられ、スイッチバックは廃止された。

この区間の普通列車は「山形線」の愛称で呼ばれている。

新庄〜大曲98.4km

特急こまくさが走っていたが、快速に格下げされ「本線」とは名ばかりのローカル線


大曲〜秋田51.7km

東北新幹線直通の「秋田新幹線」(こまち)が走る区間。秋田新庄普通列車も走るため、標準軌の線路と狭軌(1067mm)の線路とが並べて敷かれている。三線軌区間もあり。