スマートフォン用の表示で見る

奥寺康彦

スポーツ

奥寺康彦

おくでらやすひこ

サッカー選手、サッカー指導者。

1952年3月12日生まれ。秋田県鹿角市出身。

現役時代のポジションはミッドフィルダー(左ウイング、ディフェンシブハーフ)。

相模工業大学附属高等学校(現・湘南工科大学附属高等学校)卒業後、1970年古河電気工業サッカー部に入部。

1977年ドイツブンデスリーガ1.FCケルン入りし、日本人初の欧州プロサッカー選手となる。1980-1981シーズンの後半、2部のヘルタ・ベルリンへ移籍。ヘルタ・ベルリンでは昇格を逃したが、その直後、1部昇格を決めたヴェルダー・ブレーメンオットー・レーハーゲル監督に見出され、1981-1982シーズンからヴェルダー・ブレーメンに移籍。ブンデスリーガには9年間在籍し、63試合連続出場記録を樹立するなど通算235試合出場し25得点を挙げた。UEFAチャンピオンズカップにも6度出場した。

1986年に帰国して、古河電工とプロ契約、1988年に現役引退。

1991年東日本JR古河FC(後にジェフユナイテッド市原)のゼネラルマネージャーに就任。1996年に監督就任。

1999年に設立された横浜フリエスポーツクラブ横浜FC)のゼネラルマネージャーに就任。2000年11月より代表取締役も兼任。

2002年FIFAワールドカップ横浜開催準備委員会なども務めた。


* リスト::サッカー選手