奥田元宋

アート

奥田元宋

おくだげんそう

日本画家・歌人・元日展理事長

1912年(明治45年)生まれ。

1930年(昭和5年)上京し,日本画家・児玉希望の内弟子として本格的な画家生活に入る。

1936年(昭和11年)文部省美術展覧会鑑査展(文展)初入選。

1938年(昭和13年)第2回文部省美術展覧会(新文展)で《盲女と花》が特選を受賞。

1949年昭和24年日展にて《待月》が特選と白寿賞を受賞し,風景画家としての画業を歩み始めた。

1977年昭和52年日展理事長就任。

1984年昭和59年文化勲章を受章。

2003年(平成15年)2月15日,多くの人に惜しまれつつ逝去された。享年90歳。

主な著書

山燃ゆる―奥田元宋自伝

山燃ゆる―奥田元宋自伝

amazon:奥田元宋