横コツ

地理

横コツ

よここつ

JR東日本横浜支社国府津車両センターのこと。

1980年東海道線横須賀線分離(SM分離?)によりそれまで大船電車区(現在の鎌倉車両センター)に配置されていた両線用の電車のうち、東海道線用を担当することとなった。

略号は南コツ?→東コツ?横コツと変化している。

所属車両・運行線区は以下の通り。

形式編成名両数運用備考
E231系K編成10両東海道線伊東線湘南新宿ライン高崎線2004年に投入された基本編成。4・5号車はグリーン車*1となっている。113系に代わって主力車両の座に躍り出た。東京沼津・伊東間、前橋高崎上野小田原間(湘南新宿ライン高崎線)で運行されている
E231系S編成5両東海道線御殿場線湘南新宿ライン高崎線2004年に投入された付属編成。11号車〜15号車のシールが張られている。東京熱海・山北間、籠原小田原間(湘南新宿ライン高崎線)で運行されている。
205系R編成4両相模線横浜線1996年に豊田電車区から移管されてやってきた車両。ローカル用の500番台車が配置されている。相模線及び横浜線橋本〜八王子間で運行されている。なお、普段は茅ヶ崎を拠点としており、検査のときに国府津にやってくる。
E217系F編成*210両東海道線2006年に鎌倉車両センターから転属してきた車両で基本編成。東海道線での運行にあたり、帯を湘南色に変更、11両編成を10両編成にしたり、田浦対策機器撤去、連結器交換などが行われている。4・5号車はグリーン車*3となっている。3編成が在籍し、東京熱海間の限定運用で15両固定運用となっている。
E217系F編成*45両東海道線2006年に鎌倉車両センターから転属してきた車両で付属編成。東海道線での運行にあたり、帯を湘南色に変更、4両編成を5両編成にしたり、連結器交換などが行われている。3編成が在籍*5し、東京熱海間の限定運用で15両固定運用となっている。

過去に所属していた車両

形式編成名両数運用備考
113系K編成11両東海道線伊東線東海道線を走行している基本編成。編成札は緑色。4・5号車はグリーン車*6となっている。東京沼津・伊東間で運行されていた。最終的に4編成が最後まで運行され、2006年3月17日で定期運用から引退した。
113系S編成4両東海道線東海道線を走行している付属編成。編成札は黄色。12号車〜15号車の号車札を用いている。東京熱海間で運行されている。最終的に5編成が最後まで運行され、2006年3月17日で定期運用から引退した。

その他、イベント用のクモハ40形(2両)*7牽引車クモヤ143形3両がいる。

*1ダブルデッカー

*2:0番台

*3ダブルデッカー

*4:50番台

*5:うち1編成は側面表示がLED

*6:4号車はダブルデッカー

*7:最近は使用実績なし