スマートフォン用の表示で見る

横光利一

読書

横光利一

よこみつりいち

小説家、評論家(1898年明治31年)3月17日〜1947年昭和22年)12月30日)

福島県生まれ。

川端康成とともに新感覚派文学の旗手とされる。

代表作

  • 「蠅」
  • 「春は馬車に乗って」
  • 上海
  • 「機械」
  • 「純粋小説論」
  • 旅愁
  • 「夜の靴」