横綱審議委員 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スポーツ

横綱審議委員会

よこづなしんぎいんかい

横綱審議委員会は、日本相撲協会諮問機関略称は「横審」。

1950年4月21日に設置され、横綱の昇進に際し、理事長からの諮問を受け、横綱にふさわしい品格、力量があるかどうかを審議し、推薦するかどうかを決めるのが主な役割である。

相撲に理解があり、同協会理事長が委嘱する各界の有識者7名以上15人以内で構成される。

横綱昇進に際しての目安となる「大関で2場所連続優勝、またはそれに準ずる成績」という条件はこの委員会の内規である。

年に3回開催される東京場所前に委員による稽古総見、本場所の観戦と毎場所後の千秋楽翌日に定例会がある。

横綱の休場が多い場合や、成績不振の場合などは、委員の発議で激励、注意、引退勧告をすることもできる。ただし、横審はあくまでも諮問機関で、横綱の昇進を決めるのは相撲協会番付編成会議と理事会。

委員の任期は5期10年まで。委員長は、委員の互選によって決定され、任期は最長で2期4年まで。

現委員*1


歴代委員長

1 酒井忠正 1950/05〜1969/01 元伯爵

2 舟橋聖一 1969/01〜1976/01 作家

3 石井光次郎 1976/01〜1981/09 元朝日新聞重役

4 高橋義孝 1981/10〜1990/10 ドイツ文学者九州大学文学部教授

5 上田英雄 1990/11〜1993/05 東京大学医学部教授

6 渡辺誠毅 1993/07〜1997/01 朝日新聞社

7 坂本朝一 1997/01〜1999/01 NHK会長

8 一力一夫 1999/03〜2001/01 河北新報社

9 渡辺恒雄 2001/01〜2003/01 読売新聞社

10 石橋義夫 2003/01〜2007/01 共立女子学園理事長

11 海老沢勝二 2007/01〜2009/01 元NHK会長

12 鶴田卓彦 2009/01月〜2013/01 元日経済新聞社相談役

13 内山斉 2013/01〜 読売新聞グループ本社顧問

*1:2013年1月末現在