横山謙三

スポーツ

横山謙三

よこやまけんぞう

日本代表サッカー選手・監督。旧名「横山兼三」。

ポジションはゴールキーパー

1943年1月21日生まれ、埼玉県出身。

立教大学から三菱重工業に入社。

全日本のメンバーとして1964年東京オリンピックではアルゼンチンを破る大金星に貢献。

1968年メキシコオリンピックでも活躍、日本の銅メダル獲得にも貢献した。

三菱でも1学年後輩(生年は同じ)の森孝慈と共に1969年の初優勝に貢献した。

JSL通算136試合、国際Aマッチ37試合出場。

1976年から三菱の監督に就任。守備的なサッカーを標榜したことで非難を集めたが、

1978年にはJSL天皇杯JSL杯の三冠制覇に導いた。

1988年からは日本代表の監督に就任。当時の最先端の戦術であった3-5-2システムを導入し、「数年で韓国に追いつく」と豪語した。

1989年、FIFAワールドカップイタリア大会アジア予選1次ラウンド敗退。前回予選を下回る成績にサポーターから不満が募り、1990年に監督解任運動が起こった。

1991年キリンカップ初優勝。

その後、U-23総監督としてバルセロナオリンピック出場を目指すも、これも出場権を得られず1992年辞任。

1994年には、浦和レッズの監督に就任。「守備の建て直し」を公言したが最下位に終わりシーズン終了後に辞任。サポーターからは代表監督時代同様に激しい批判を浴び、発生した暴動の数は前年を上回った。

1995年からゼネラルマネージャーを務める。

1997年浦和レッズアマチュア結成。

J2に降格した2000年、シーズン終盤に総監督としてチームの指揮を執り、J1復帰。

2002年、強化担当から離れ、常務取締役となる。

2006年、第3回日本サッカー殿堂入り。