横山正樹

横山正樹

(読書)
よこやままさき

経済学者、フェリス女学院大学教授。1948年7月26日東京都出身。1972年立教大学理学部物理学科卒、85年同大学院経済学研究科博士課程満期退学、91年「フィリピン援助と自力更生論 構造的暴力の克服」で経済学博士。77-85年東京大学公開講座「郊外言論」実行委員会事務局。1982年立教大学副手、84年東京YMCA国際ホテル専門学校講師、1985年四国学院大学講師、86年助教授、教授、フェリス女学院大学国際交流学部教授。

著書

  • 『フィリピン援助と自力更生論 構造的暴力の克服』明石書店 1990

共編著

  • 『日本・フィリピン政治経済関係資料集 マルコス文書、アキノ証言集および関連文書選』津田守共編 明石書店 1992
  • 『ポスト冷戦とアジア アジアの開発主義と環境・平和』涌井秀行共編著 中央経済社 1996
  • 『開発援助の実像 フィリピンから見た賠償とODA』津田守共編著 亜紀書房 1999
  • 『平和学の現在』岡本三夫共編 法律文化社 1999
  • 『環境を平和学する! 「持続可能な開発」からサブシステンス志向へ』戸崎純共編 法律文化社 2002
  • 『アジア太平洋におけるジェンダーと平和学』編 フェリス女学院大学 2004 (アジア女性の社会的地位 ; 3)
  • 『脱「開発」へのサブシステンス論』郭洋春, 戸崎純共編 法律文化社 2004 (環境を平和学する! ; 2)

新着ブログ: 横山正樹