横田河原の戦い

社会

横田河原の戦い

よこたがわらのたたかい

横田河原の戦い(よこたがわらのたたかい)

1182年、千曲河畔の横田河原で木曾義仲平家進軍との間で行われた戦い。数では圧倒的に劣った義仲が、馬で千曲川を渡り、木曾軍・佐久軍・甲斐武田軍の3手に別れての奇襲戦法で、大豪族城資茂の軍を殆ど壊滅状態にした。さらに、平家赤旗で偽装させた部隊を送り本陣を壊滅させた。この大勝により、今まで日和見をしていた越中能登加賀、越前の武士たちは次々と義仲旗下に加わり、北陸道は義仲支配下におかれた。