横浜市電

一般

横浜市電

よこはましでん

横浜市交通局が運営していた路面電車

1904年7月15日に横浜電気鉄道により、神奈川大江橋間を開業したことから

歴史が始まり、1972年3月31日にトロリーバスとともに全廃された。

車庫は生麦、浅間町麦田滝頭にあった。

元町−麦田町間には、本格的な市電専用のトンネルがあった。

何両かの市電車両は、横浜市電保存館で保存されている。