横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

(スポーツ)
よこはまえふまりのす

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。トップチームはJ1リーグに所属。
1972年に創部された日産自動車サッカー部から続いている歴史を持つチーム。
横浜マリノスとしてJリーグ創設時から参加。1999年、横浜フリューゲルスと合併し、チーム名を横浜F・マリノスに改称*1
2001年は低迷したが、翌年より復活し、日本代表をFIFAワールドカップ初出場に導いた岡田武史の監督就任により、Jリーグ史上初にして唯一の3ステージ連続制覇を成し遂げた。

クラブ情報

チーム名・呼称 横浜F・マリノス
英字表記 Yokohama F・Marinos
運営法人 横浜マリノス株式会社
所属リーグ Jリーグ - J1リーグ
クラブライセンス J1クラブライセンス
ホームタウン 神奈川県横浜市・横須賀市*2・大和市*3
ホームスタジアム 日産スタジアム横浜国際総合競技場、収容人数72,327人)
ニッパツ三ツ沢球技場三ツ沢公園球技場、同15,046人)
練習グラウンド 日産フィールド小机
クラブカラー トリコロール「青・白・赤」
クラブマスコット マリノス君マリノスケ
イメージソング 45 OVER DRIVE

歴史

  • 1972年 日産自動車サッカー部として創部
  • 1991年 Jリーグ正会員となる
  • 1992年 チーム名を「日産F.C.横浜マリノス」に改称、運営法人となる日産フットボールクラブ株式会社設立
  • 1996年 チーム名を「横浜マリノス」と改称
  • 1998年 横浜フリューゲルスを運営していた全日空スポーツ株式会社と合併。法人名を日産フットボールクラブ株式会社から、横浜マリノス株式会社に改称。チーム名を「横浜F・マリノス」に改称
  • 2002年 全日本空輸が資本引き上げ(スポンサーは継続)。日産自動車の完全子会社となる
  • 2003年 Jリーグ ディビジョン1(J1リーグ)1st・2nd完全優勝達成
  • 2004年 J1 1stステージ優勝(3ステージ連続優勝記録達成)、Jリーグチャンピオンシップ優勝
  • 2005年 第三者割当増資を実施。相模鉄道崎陽軒タカナシ乳業神奈川新聞テレビ神奈川横浜信用金庫サカタのタネの7社が新たに資本参加
  • 2007年 マリノスタウンがグランドオープン。クラブの全機能を戸塚トレーニングセンターからマリノスタウンに移転
  • 2011年 8月4日に死去した松田直樹が在籍時に使用していた背番号3を永久欠番に指定
  • 2016年 マリノスタウンを閉鎖。練習場を日産フィールド小机、クラブハウスを新横浜に移転

主なタイトル

国内タイトル

  • Jリーグ/Jリーグ ディビジョン1/J1リーグ(3回)
    • 1995, 2003, 2004
  • Jリーグ/Jリーグ ディビジョン1/J1リーグ ステージ優勝(5回)
    • 1995 1st, 2000 1st, 2003 1st, 2003 2nd, 2004 1st
  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会(2回)
    • 1992, 2013
  • Jリーグカップ(1回)
    • 2001

国際タイトル

  • アジアカップウィナーズカップ
    • 1993

Jリーグ成績

  • 1993年 1st 3位(11勝7敗)/2nd 3位(10勝8敗)/総合 4位
  • 1994年 1st 9位(8勝14敗)/2nd 3位(14勝8敗)/総合 6位
  • 1995年 1st 1位(17勝9敗)/2nd 3位(15勝11敗)/総合 優勝
  • 1996年 8位(14勝16敗)
  • 1997年 1st 5位(11勝5敗)/2nd 3位(12勝4敗)/総合 3位
  • 1998年 1st 4位(11勝6敗)/2nd 4位(11勝6敗)/総合 4位
  • 1999年 1st 7位(8勝1分6敗)/2nd 3位(10勝2分3敗)/総合 5位
  • 2000年 1st 1位(10勝0分5敗)/2nd 5位(8勝1分6敗)/総合 2位
  • 2001年 1st 15位(3勝2分10敗)/2nd 10位(6勝3分6敗)/総合 13位
  • 2002年 1st 2位(11勝3分1敗)/2nd 6位(8勝1分6敗)/総合 2位
  • 2003年 1st 1位(10勝2分3敗)/2nd 1位(7勝5分3敗)/総合 優勝
  • 2004年 1st 1位(11勝3分1敗)/2nd 6位(6勝5分4敗)/総合 優勝
  • 2005年 J1 9位(12勝12分10敗)
  • 2006年 J1 9位(13勝6分15敗)
  • 2007年 J1 7位(14勝8分12敗)
  • 2008年 J1 9位(13勝9分12敗)
  • 2009年 J1 10位(11勝10分13敗)
  • 2010年 J1 8位(15勝6分13敗)
  • 2011年 J1 5位(16勝8分10敗)
  • 2012年 J1 4位(13勝14分7敗)
  • 2013年 J1 2位(18勝8分8敗)
  • 2014年 J1 7位(14勝9分11敗)
  • 2015年 1st 6位(7勝5分5敗)/2nd 5位(8勝5分4敗)/総合 7位
  • 2016年 1st 11位(6勝4分7敗)/2nd 7位(7勝8分2敗)/総合 10位
  • 2017年 J1 5位(17勝8分9敗)

主な歴代所属選手

GK
松永成立(1992-1995) | 川口能活(1994-2001) | 榎本達也(1997-2006)
DF
勝矢寿延(1992-1993) | 平川弘(1992-1994) | 鈴木正治(1992-1997) | 鈴木健仁(1992-1998) | 井原正巳(1992-1999) | 小村徳男(1992-2001) | 松田直樹(1995-2010) | 那須大亮(2002-2007) | 中西永輔(2004-2006) | 河合竜二(2003-2010) | 田中裕介(2005-2010) | 小宮山尊信(2006-2009) | 波戸康広(1999-2004,2010-2011) | ドゥトラ(アントニオ・モンテイロ・ドゥトラ)(2001-2006,2012-2014)
MF
木村和司(1992-1995) | 水沼貴史(1992-1995) | エバートン(1992-1995) | 山田隆裕(1992-1997) | 永山邦夫(1992-2003) | グスタボ・サパタ(1993-1996) | ダビド・ビスコンティ(1993-1997) | 三浦文丈(1993-1998) | 遠藤彰弘(1994-2005) | 上野良治(1994-2007) | フリオ・セサル・バルディビエソ(1997-1998) | 三浦淳宏(1999-2000) | 永井秀樹(1999-2000) | 柳想鐵(1999-2000,2003-2004) | 大橋正博(2000,2002-2005) | 田中隼磨(2001-2002,2004-2008) | 奥大介(2002-2006) | 山瀬功治(2005-2010) | 狩野健太(2005-2012) | 谷口博之(2011-2012) | 小椋祥平(2008-2014)
FW
神野卓哉(1992-1995) | ラモン・ディアス(1993-1995) | ラモン・メディナベージョ(1994-1995) | フリオ・サリナス(1997-1998) | 城彰二(1997-1999,2000-2001) | 吉田孝行(1999-2000,2006-2007) | 坂田大輔(2001-2010) | ウィル・ロブソン・エミリオ・アンドラーデ(2002) | 清水範久(2002-2010) | 安貞桓(2004-2005) | 久保竜彦(2003-2006) | 大島秀夫(2005-2008) | 渡邉千真(2009-2011) | 小野裕二(2010-2012) | 大黒将志(2011-2012) | マルキーニョス(マルコス・ゴメス・デ・アラウージョ)(2003,2012-2013)

*1:横浜フリューゲルスの優勝回数等の記録は、横浜F・マリノスに引き継がれない。

*2:2005年より

*3:2017年より

ネットの話題: 横浜F・マリノス

人気

新着

新着ブログ: 横浜F・マリノス