欧陽詢

社会

欧陽詢

おうようじゅん

欧陽詢(おうようじゅん、557〜641)

中国、唐代初期の書家。潭州臨湘の人。字は信本。王羲之の書法を学び、楷書の規範をつくる。初唐三大家の一人。高祖の勅命によって類書「芸文類聚」100巻を編集した。楷書にもっともすぐれ、碑刻に「九成宮醴泉銘」などがある。