スマートフォン用の表示で見る

王昭君

読書

王昭君

おうしょうくん

紀元前1世紀ごろ)

匈奴の呼韓邪単于、復株累若鞮単于の時代の閼氏(単于の妻)。姓を王、諱を嬙とも(出典は、班固『漢書』)。字を、昭君。日本では通常、王昭君と呼ばれるが、地元(フフホトの方)では”昭君”と呼ばれている。荊州南郡(現在の湖北省沙市)出身で、楊貴妃西施貂蝉と並ぶ古代中国四大美人の一人(落雁美人)に数えられる。