スマートフォン用の表示で見る

王貞治

スポーツ

王貞治

おうさだはる

プロ野球選手・指導者。野球日本代表監督。

通称「世界の王」「ワンちゃん」。

左投左打*1、ポジションは投手一塁手背番号は1→89番*2

1940年5月20日生まれ。東京都墨田区出身。O型

実家はラーメン屋。

父は台湾人、母は日本人であり、日本生まれの日本育ちだが、中華民国籍のままなのは、父親の遺言による。

早稲田実業高校で投手として1957年センバツで優勝。

1959年読売ジャイアンツに入団。一塁手に転向。

荒川博の指導の下に一本足打法を極め、長嶋茂雄と共にジャイアンツのV9黄金時代を形成。

1977年9月3日、鈴木康二朗より、ハンク・アーロンを抜く通算756号本塁打を達成。

同年、第一回国民栄誉賞受賞。

1980年本塁打記録を868本まで伸ばし、現役引退。

打率.301 本塁打868本 2786安打 三冠王2回を始め数多くの打撃タイトルを獲得。

1981年、ジャイアンツの助監督に就任。

1984年ジャイアンツの監督に就任。

1989年、退団に伴い、背番号1番がジャイアンツ永久欠番となる。

1992年、野球殿堂入り。

1995年、福岡ダイエーホークスの4代目監督に就任。

ホークスを屈指のチームに育て上げ、1999年、リーグ優勝日本一を果たす。

翌2000年にもリーグ優勝、2003年には2度目の日本一に輝く。

また2004年、2005年とシーズン勝率1位に導くもプレーオフで敗れ、2年連続でリーグ優勝を逃す。

2005年、ワールド・ベースボール・クラシックWBC)の日本代表監督に就任。日本を初代世界一に導いた。

2006年7月5日、胃部分の腫瘍摘出手術・および療養のため、途中休養。森脇浩司に後任を託し療養した。

2007年には現場復帰し、オールスターゲームの休養を除いて指揮に立っている。

2008年に秋山幸二に後任を託す形で監督を勇退した。

現在は、福岡ソフトバンクホークスのゼネラルマネージャー・兼会長。

全世界の野球界において知名度を誇り、野球の国際発展に尽力を注いでいる。

*1:高校時代までは左投右打であった。

*2福岡ダイエーホークスの監督就任の際に背番号89番を選んだ理由としては、「野球」「破竹の勢い」に繋がるためである。