王立展示館

地理

王立展示館

おうりつてんじかん

(王立博覧会ビル、Royal Exhibition Building)

オーストラリアメルボルンにある建築物カールトン庭園の中に位置する。オーストラリア最初の大陸ヨーロッパ建築と言われ、現在ではメルボルン博物館?の収蔵品の一つになっており、同博物館のもっとも大きな文物である。

王立展示館は、メルボルン市庁舎?やビクトリア州立図書館?を建設した建築家のジョセフ・リード?による建築1880年に完成し、同年のメルボルン万国博覧会の展示会場となった。当時は12,000平方メートルにも及ぶ本館とともに、展示のために一時的な建物が敷地内にあったという。1888年にはヨーロッパ人オーストラリア入植100周年を記念してのパーティーも開催された。

1901年5月9日には国会議事堂となった。その後、連邦政府は26年間、ビクトリア議事堂?を使用し、州議会は王立展示館を利用した。現在では再び展示館として利用されているが、メルボルン随一の会議・展示場の座は1996年に開場したサウスバンク地区?のメルボルン会議展示センター?に譲っている。

2004年7月2日、「王立展示館とカールトン庭園」としてユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。