王莽

一般

王莽

おうもう

前漢政治家、のち新の皇帝。(B.C.45年生〜A.D.23年没、在位B.C.8年〜A.D.23年)

外戚として権力をふるった後、前漢の平帝を毒殺して帝位を簒奪し、国号を「新」と改めた。

しかし、理想主義に基づいた政策は短期間で破たん、赤眉・緑林などの反乱軍の台頭を招いてしまう。のちこれらの勢力に擁立された更始帝・劉玄の軍勢*1の前に連戦連敗し、帝都長安を落とされ混乱の中殺害された。

*1:この中に後の後漢光武帝・劉秀がいた