スマートフォン用の表示で見る

黄水仙

動植物

黄水仙

きずいせん

ユリ科 スイセン属で新エングラー体系ではヒガンバナ

学名:Narcissus jonquilla L. 

葉は、細くイグサ状の葉は特徴で糸水仙(イトズイセン)、糸葉水仙(イトバズイセン)、ニオイズイセンの別名もある。

学名からジョンキルスイセンとよぶ場合もあるが現在は色々な色の園芸種が作られているためにキズイセン=全てのジョンキルスイセンとは言い辛いようだ。

この場合、黄水仙の名前からもジョンキルスイセン原種(小型の花)もしくは黄花種としたほうが正しいようだ。

尚、黄色い花を咲かせる水仙は他の種でもあるが「キズイセン」と和名登録をされているものは本種のみである。

通常の開花時期は3月〜4月