黄巣の乱

社会

黄巣の乱

こうそうのらん

875年〜884年

唐帝国末期に起きた農民反乱。黄巣*1が指導者であったためこの名がある。山東で発生し、唐のほぼ全域に拡大。880年には洛陽と長安を陥れ、帝位を称したが唐の反撃を受けて滅ぼされた。

しかし、この事件は唐を大いに揺るがし、滅亡への扉を開くことになる。

*1科挙に落ちて、塩の密売商をしていたとされる