黄老思想

一般

黄老思想

こうろうしそう

中国戦国時代から漢初にかけて流行した道家の一学派の思想であり、その学問を黄老の学という。黄帝を始祖とし老子を大成者としたのでこの名がある。『黄帝四経』や『老子』がその思想的根拠・教典となる。『史記』では、斉の稷下の学者である慎到・田駢・接子・環淵らをその代表人物とする。また『史記老子韓非子列伝では申不害や韓非子を「黄老に本づき刑名をたっとぶ」とあり、法家の刑名思想を黄老に由来すると考えている。そこで黄老刑名の学の名がある。