スマートフォン用の表示で見る

黄檗宗

一般

黄檗宗

おうばくしゅう

当初は臨済正宗黄檗派と言いましたが、明治9年、臨済宗から一宗として独立、「黄檗宗」を公称しています。

中国では臨済宗に含まれますが、日本の臨済宗と異なったため、独立して一派を成すに至ったのがその経緯です。

臨済宗禅宗五家のうちの一派で達磨大師から十一代目の臨済義玄禅師を宗祖と仰ぐ宗派で、中国で起こり発展し、日本に伝来してきたものです。