スマートフォン用の表示で見る

黄皓

社会

黄皓

こうこう

中国三国時代の人物(生没年不詳)。蜀(蜀漢)の2代皇帝劉禅の寵愛を受けた宦官

劉禅に重用されたが、侍中である董允の存命時には大きな力を持つことは無かった。董允の没後、後任の侍中である陳祗?と結託することで強い影響力を持つようになり、政治や軍事にしばしば口出しして国政を混乱させたという。軍事のトップである姜維とは犬猿の仲で、また、劉禅の弟である劉永とも対立し、劉禅へ讒言して劉永を遠ざけさせてもいる。

陳祗の死後は姜維が北伐?の失敗で政治的に孤立するようになったこともあり、黄皓は、諸葛瞻?や董厥?と結託し、姜維に代わって閻宇?に軍権を握らせようとしたが失敗した。その後も、諸葛瞻・董厥・樊建?といった人達をしのぐ権勢を誇り、姜維は難を逃れるため地方で屯田し、中央に戻ることはなくなっていたという。

263年?、魏(曹魏)の大軍が蜀に侵攻したときも、黄皓は流言を用いて劉禅を惑わし、援軍を求める姜維の意見を黙殺した。鄧艾?の軍勢が成都に迫ると、劉禅は降伏した。この時に鄧艾は黄皓を処刑しようとしたが、黄皓賄賂を鄧艾の側近に使い、刑罰を免れた。

三国志演義』では諸葛亮の時代から奸臣として活動している。最期は司馬昭の命令によって処刑されている。

リスト::三国志関連