岡っ引き

一般

岡っ引き

おかっぴき

「目明し」「御用聞き」とも呼ばれる。

南北両奉行所、火付盗賊改方の同心の手先となって、捜査や捕り物のお手伝いをする。

奉行所より十手を預かっているため、捜査、捕縛の権限もあった。

大体の場合、その地域一帯を取り仕切る顔役(早い話がヤクザ)が選ばれることが多く、手下と共に任務にあたっていたようである。

時代劇では、正義の味方としても描かれる反面、権力を笠に着る極悪人として描かれることも少なくはない。

時代劇作品では『銭形平次』『岡っ引きどぶ』『地獄の辰捕物控』『新五捕物帳』などが有名か。