岡崎和郎

アート

岡崎和郎

おかざきかずお

1930年 岡山市生まれ

1955年早稲田大学文学部芸術学科を卒業。

早稲田大学文学部大学院在学中に鉄の彫刻を始める。

読売アンデパンダン展への出品を経て、1963年、西洋の物の見方を東洋の見地から補足する概念「御物補遺」を構想し、以来、制作理念として続く。電球や人形などの形を反転させたり変形する作品などを制作し、物と空間に対する新しい見方を示した。1967年、マルチプルの贈答用オブジェを制作するオカザキ・ギヴアウェイズを鈴木亘らの協力で発足。1971年、マルチプル−最初の10年間展(フィラデルフィア美術館)に選出される。1971年にはマルチプル作品を扱うサプリメントギャラリー開設。

1977年 瀧口修造の《検眼図(マルセル・デュシャン作品[大ガラス]の一部)》制作に協力。

1978年には自身の作品を発表するための岡崎和郎サプリメントギャラリーを開く。1977年頃、HISASHIシリーズに着手する。1994年奈義町現代美術館(岡山県)に「HISASHI補遺するもの」を制作。