スマートフォン用の表示で見る

岡山電気軌道

地理

岡山電気軌道

おかやまでんききどう

[英] OKAYAMA ELECTRIC TRAMWAY Co Ltd.

岡山電気軌道株式会社は、岡山県岡山市中区に本社を置く、軌道、バス事業を中心とした事業者で、両備グループの中核企業。略称は「岡電」。

主たる事業は岡山市内の 軌道および自動車による一般旅客運輸事業

1910年5月21日設立

軌道事業

路面電車以下の2路線がある。

東山本線
岡山駅前東山間 3.1km
清輝橋線
柳川清輝橋間 1.6km

列車はいずれも岡山駅前を起点とし、柳川東山清輝橋の2方向に分岐する、2つの系統で運転されている。

なお、日本全国で最小規模の路線長(2013年12月現在)となっている。

主な車輌形式

9200形や3000形KUROなどのデザインには地元出身の水戸岡鋭治氏が起用されている。

パンタグラフの上昇に空気圧やバネの力を使わない特異な集電装置(9200形を除く)を導入しており、考案した当時の岡電社長の名から「石津式」、あるいは社名を採って「岡電式」「岡軌式」とも呼ばれる。

バス事業

岡電バスの名称で、路線バス・貸切バス事業を行っている。

主要株主*1

*1:2013年3月31日現在