スマートフォン用の表示で見る

岡晴夫

音楽

岡晴夫

おかはるお

流行歌手。大正五年(一九一六)〜昭和四十五年 千葉県木更津生まれ。

昭和十四年二月、『国境の春』でデビュー、『上海の花売娘』『港シャンソン』等を次々と世に送る。

戦後は、希望を抱く明るい歌へと転換を図り、ブギのリズムの『東京の花売娘』で大ヒット。昭和二十二年に『啼くな小鳩よ』、二十三年に『憧れのハワイ航路』を出して大ヒットを連発し、映画界にも進出するなどして活躍した。