スマートフォン用の表示で見る

岡田温司

読書

岡田温司

おかだあつし

西洋美術史京都大学大学院教授。

主な著書=『芸術と生政治』(平凡社)『マグダラのマリア――エロスとアガペーの聖女』(中公新書)、『もうひとつのルネサンス』『ルネサンスの美人論』『モランディとその時代』(以上、人文書院)、『ミメーシスを超えて――美術史の無意識を問う』(勁草書房)など。

また翻訳も多く、ヴィクトル・I・ストイキツァの著作の多くの日本語訳に関わっている。