スマートフォン用の表示で見る

岡田啓介

社会

岡田啓介

おかだけいすけ

1868年1952年

軍人、政治家二・二六事件時の首相

福井藩士の子として生まれ、海軍兵学校に進む。1924年には海軍大将となり、連合艦隊司令長官を務める。いわゆる「条約派」の中心人物。

1932年に田中内閣海軍大臣となり、後、斎藤内閣でも海相を務める。斎藤内閣が倒れると後継首相となる。1936年二・二六事件では辛くも難を逃れる。

辞職後は重臣として活動。終戦工作などで大きな役割を果たしている。