岡田正義

岡田正義

(一般)
おかだまさよし

サッカー審判員(レフェリー)。
1958年5月24日生。東京都出身。
東洋大学在学中の1977年に4級審判員を取得し、選手から審判へ転向。
1986年に1級審判員資格を取得。
1993年には国際主審に登録され、1998年のFIFAワールドカップフランス大会では1次リーグ・イングランド−チュニジア戦において主審を務めた。
2002年には日本サッカー協会の導入した「スペシャルレフェリー*1」制度の第1号審判に認定された。
統一協会機関紙「世界日報」でも記事を書いている。
http://www.worldtimes.co.jp/book/vp/view.htm


レフェリングレベルについては主観も混じるので軽々には論じられないが、サッカーファンの間ではそのレフェリングについて不満が多いのも事実。
愛称(?)は「ジャスティス」。

><

主なレフリング

  • 2005.08/20(土) J1第19節 鹿島1-2広島 YC:7(1-6/退場1) RC:2

*1:審判活動によって主たる収入を得る審判員。いわゆるプロの審判。

新着ブログ: 岡田正義