岡部孝信

スポーツ

岡部孝信

おかべたかのぶ

岡部孝信は、日本のノルディックスキージャンプ競技選手。雪印メグミルクスキー部所属(主将)。

1970年10月26日生まれ、北海道上川郡下川町出身。身長165cm、体重52kg。

駒澤大学附属岩見沢高等学校卒。

北海道拓殖銀行を経て雪印乳業(現・雪印メグミルク)に所属。

1994年リレハンメルオリンピック団体ラージヒルメダリスト(日本=西方仁也岡部孝信葛西紀明原田雅彦)。

1998年長野オリンピック団体ラージヒルメダリスト(日本=岡部孝信斉藤浩哉原田雅彦船木和喜)。

冬季五輪にはリレハンメルオリンピック長野オリンピックトリノオリンピックバンクーバーオリンピックに出場。

長野五輪後はスキー板を短くされるルール改正に苦しんだが、2009年3月には史上最年長38歳4カ月でFISワールドカップ優勝を果たすなど、葛西紀明とともに長年に渡って日本のジャンプ陣を支えた。

バンクーバー五輪では、夏季五輪を含め最年長で日本選手団の主将を務めたが、岡部にとって特に苦手とする追い風の吹くジャンプ台だったため、競技への出場メンバーには選ばれなかった。

2014年3月11日、2013-2014シーズンをもって現役を引退することが明らかになった。2014年4月以降は雪印メグミルクスキー部のコーチに就任予定。