屋代線

地理

屋代線

やしろせん

かつて、長野電鉄が運行していた鉄道路線屋代須坂間 24.4km。

各駅停車特急が10〜15分間隔で運行される長野線に対し、こちらは概ね90分間隔で各駅停車のみが運転される鄙びたローカル線だった。

1923年(大正12年)に河東線(屋代須坂信州中野‐木島)として開業。当初は東京方面と新潟方面とを千曲川流域を経て結ぶルートの一部として計画されていたが、信越本線の開業でその意義を失った。太平洋戦争の際に不要不急線として休止されるはずであったが、松代大本営建設に利用するため存続されることとなる。

1982年昭和57年)までは国鉄信越本線急行列車「丸池」「志賀」などが、山の内線(現・長野線)の湯田中まで乗り入れていた*1。定期運行の優等列車はなくなったが、多客時にしなの鉄道とのリレー列車「軽井沢小布施リレー号」(屋代駅のりかえ)が運行された。

2012年(平成24年)4月1日に廃止された。

長野電鉄の甲種回送は全車この路線を使用して須坂に回送されていた。また、列車廃車の際には信濃川田駅の廃車線に入線した。

列車は全車ワンマン運転3500系(O編成)が用いられた。

駅と接続路線

駅名読み所在市町村*2接続路線
屋代やしろ千曲市しなの鉄道線
東屋代ひがしやしろ千曲市 -
雨宮あめのみや千曲市 -
岩野いわの長野市 -
象山口ぞうざんぐち長野市 -
松代まつしろ長野市 -
金井山かないやま長野市 -
大室おおむろ長野市 -
信濃川田しなのかわだ長野市 -
若穂わかほ長野市 -
綿内わたうち長野市 -
井上いのうえ須坂市 -
須坂すざか須坂市長野線

リスト::鉄道路線

*1屋代駅で渡り線を利用して乗り入れていたが、現在渡り線は撤去されている。

*2:全線が長野県内。