スマートフォン用の表示で見る

牡丹社事件

社会

牡丹社事件

ぼたんしゃじけん

1871年(明治4年)、台湾南部に漂着した宮古島の住民66人中54名が当地の「牡丹(ボータン)社」を名乗るパイワン族原住民に殺害され、残りの12人が逃げ帰ったという事件(また翌年にも漂流した日本船が略奪にあっており、日本のみならず欧米の船舶もまた被害を受けていた)。

1873年(明治6年)、こういった事故や被害を解決をするために北京の清国政府を訪れた日本の外務卿・副島種臣に対して、清国政府は「台湾生蕃の地は化外に置き政教逮はず」などと返答し、清国の領土ではないことを主張したために、1874年(明治7年)に日本による台湾出兵の原因になった。

なお、上記の清国政府による「化外の民」といった返答は(日本を見下していたことによる)責任逃れであり、結果的には日本軍の撤兵と交換条件に日本側に賠償金を支払うこととなった。