スマートフォン用の表示で見る

牡丹峰

地理

牡丹峰

ぼたんほう

モランボン

朝鮮民主主義人民共和国平壌の中心市街地北部牡丹峰区域にある小高い丘で、最高部は標高95m。その名の由来は、全体の姿が牡丹の花のようであるからだという。日清戦争の際は清国軍の守る要塞・牡丹台であり、1894年9月15日からの平壌の戦いの際には日本軍との間の激戦地となり、ここから平壌城が陥落した。日本統治時代も、牡丹台は朝鮮景勝地として有名であり、お牧の茶屋のような料亭も建っていた。

関連

牡丹峰楽団