スマートフォン用の表示で見る

温暖化懐疑論

一般

温暖化懐疑論

おんだんかかいぎろん

人類の活動によって大気中に排出される二酸化炭素により地球温暖化している−という一般的な説に異議を唱えるもの。

さまざまな論点や主張の濃淡があり、


温暖化しているという調査データが恣意的ではないか

温暖化はしているが、太陽活動が活発化しているのが主原因だ

・水蒸気が主原因だ

二酸化炭素が増えて温暖化したのではない、(太陽などが原因で)温暖化したから二酸化炭素が増えているのだ


などの説がある。「人為起源温暖化懐疑論」というほうがより正確かもしれない。

現在のところ、意見の主流を占めるのはいまだに人為説である。


著書や訳書などで温暖化懐疑論を主張、紹介している日本人の著者は

丸山茂徳武田邦彦山形浩生などである。