音更町

地理

音更町

おとふけちょう

北海道加東郡音更町は、十勝平野のほぼ中央にあり、北海道河東郡に属する地方公共団体

面積は面積466.02km²、人口は45,233人*1

町名は、アイヌ語で「毛髪が生ずる」を意味する「オトプケ」から転訛したもので、音更川と然別川?の支流がたくさん流れているところからついたと言われている。

地勢

北海道の東部、十勝平野のほぼ中央にあり、南は十勝川をへだてて帯広市及び幕別町に、北は士幌町、西は鹿追町芽室町、東は池田町に接している。

東部の南北に走る長流枝内丘陵を除いてはおおむね平坦で、音更川を中央に士幌川、然別川が北から南に貫流し、いずれも十勝川に注いでいて地質もよく、各種農産物の育成に適していて、道内でも屈指の穀倉地帯となっている。

*12016年6月30日現在